スポンサードリンク
楽天市場

2017年01月31日

ヒト細胞持つブタ胎児

アメリカのカリフォルニアにあるソーク研究所にて、ヒト細胞持つブタ胎児を作り出すことに成功したとのニュースが流れています。

ブタと人間では妊娠期間が異なるため、ヒト細胞を抱えた豚が存在するのは困難と言われていました。

今回の成功については、ヒト細胞を胎細胞へと導入するタイミングが良かったからではないか考えられています。

このまま研究が進んでいけば、本来豚に存在しない臓器をもった生体を作り続けることもできるかもしれないとのこと。

脳死のドナーを待つ必要があるなど、臓器移植については供給に問題が多いです。実用化までどのくらいの時間が必要なのかはまだわかりませんが、健康寿命に関心の高い方にとってこれは朗報でしょう。

人間の体を生産するという点については、倫理観から反対する意見も多いけれど、クローン技術で救われたり、人生が豊かになる人は絶対にいるので、喜ばしい成果だと思います。

100歳を超えても青春時代と変わらない肉体と知能をもって、趣味・グルメ・恋愛を楽しめるというような、健康寿命数百年の時代が来る可能性もあり得る。夢があっていいですよね。


posted by 陽月 at 21:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。